【行動するということ】


なたも一度は聞いたことがあると思う


『そんなの出来ません』

とか

『出来るわけないじゃないですか』

とかの

《出来ない宣言》
 
 
 
でもよく考えてみて欲しい。
 
 
なんで出来ないのか?
 
 
『空を飛べ』

とか

『電車に飛び込め』

とか

『海の上を歩け』

とかの非現実的なことを

言っているわけではなくとも
 
 
出来ない宣言する人は

『出来ない』

と簡単に言ってくる。
 
 
 
なにが出来ないのか?
 
 
なんで出来ないのか?
 
 
 

 

 
物理的にできない状況にあったり

できない事柄だったりする場合は

それは仕方ないでしょう。
 
 
しかし、ほとんどの場合はそうではない。
 
 
『出来ない』ではなくて

『やらない』だけなんです。
 
 
では、どうしてやらないのか?
 
 
これには何種類かのパターンが

あるのだけれども

最終的には一つの結論に達するんです。
 
 
それは、

『仮にそれをやったとしての未来を
 想像しているから』


なんです。
 
 
『なんだ、そんなことか』

と思われるかもしれませんが、

これはかなり重要なことなんです。
 
 
人間は常に予測しながら行動します。
 
 
『これをやったら、
 こういう結果になるな』

とか

『次はこれをやれば、
 その次がやりやすくなるな』

とか

次、次、次、と先を読んで行動するんですね。
 
 
つまり、なにかを行動する時というのは

ある程度はその結果を予測しながら

行動しているんです。
 
 
そうなるとあなたの行動は

結局はあなたの想像を超えないんです。
 
 
計算できる未来しか

訪れないのです。

 
 
それでも別に構わないのですが、

これには大きな欠点があります。
 
 
それは、

『自分の行動の予測は、
 小さな成功か、悪い事態を想定しやすい』


ということなんです。
 
 
人間は危険回避能力が備わっています。
 
 
未知なることであっても

その能力は発揮されます。
 
 
今まで生きてきて経験してきたことから

総合的に判断してある程度は

どんな結果が得られるかを

予測してしまうんですね。
 
 
だからやったことがないことは

なおさら悪い結果を想定してしまって、

結局あなたは行動できずに

終わってしまうんです。

 
 
 
もったいないと思いませんか?
 
 
やってみて、

もしかしたらあなたの想像を遥かに超える

素晴らしい結果が出るかもしれないのに。
 
 
マイナスの結果が出たとしても

それはそれであなたの経験として

蓄積されるから、

結果がマイナスなだけであって、

行動したこと自体はあなたにとっては

プラスなんです。
 
 
そんな未知なる現象を恐れて

行動できなくなっている方が

時間も人生ももったいないと思いませんか?
 
 
《出来ない宣言》

をする前に、まずは一歩踏み出して

《やってみる》

《始めてみる》
 
 
 
他人の目は関係ないのです。
 
 
他人はあなたの人生の一部ではないのです。
 
 
くだらない《出来ない宣言》なんて

振り切って

やってみましょう。
 
 
 
あなたの人生は

どんどん加速していきます。


 

===============================

ブログじゃ言えない内容のメルマガはこちら。

⇒ http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE

危険な内容も含むので
この登録フォームはいつ消すか分かりません。

===============================

これからも読んでみたいと思った人は、
ぜひ応援クリックをお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP