【お金における幸福論】

大半の人は

『お金儲けをする』

っていうと悪い印象を受ける



 お金 = 悪



というなんの根拠もない

概念に惑わされてる

 

 

 

大きなお金を非難するだけならまだしも

大きなお金を所持する人までもを

非難する
ようになる

 

 

『あの人、お金持ってるけど

 何の仕事してるのかしら』



『インターネットでお金を稼ぐなんて

 詐欺みたいなもんでしょ?』



『そんなの金持ちの道楽だよ』

 

 

などと、大して知りもしない人を

ただお金を持っているというだけで

あたかも悪いみたいに非難しだす

 

 

 

その一方で

 

 

『あぁ~金ねぇ~』



『給料安いな~』



『宝くじ当たんねーかな』

 

 

自分はお金持ちになろうという

欲求は強くあったりする

 

 

 お金 = 悪




であったバランス関係は

自分のことになると簡単に覆る

 

 

 

お金は悪ではないし

お金儲けも悪ではない



 

人間は自分にはないモノ

自分が望んでも叶わないモノ

欲しても手に入らないモノ

に対して敵対心を持つ



自分の欲求をさらけ出すより

対象を敵対視してしまった方が

簡単だし

周りからも同意を得られやすいから

 

 

同調行動の一種だけど

とかく日本人はこれに陥りやすい



リクルートスーツはダーク色だったり

行列ができる店は美味しいと思ったり

反対意見は言わなかったり



この【同調】を行わないだけならまだしも

【同調】に賛同しない人間を

攻撃対象にしてしまう



なんとも悲しい習性だ

 

 

 

話がズレた

 

 

お金は自分にとって必要だと

心の中では感じていても

『お金儲けはキタナイ』

と言う先入観が邪魔して

お金を持つことを肯定できない



肯定できないから

非難する



肯定する人は少数派だけど

非難する人、否定する人は

多数派だからそれに混ざれば

『みんなと一緒』

と言う安心感に包まれる

 

 

ともすると

お金をますます肯定することが

できなくなってしまう

 

 

完全なる負のスパイラル

 

 

そういう人に限って



『お金がすべてじゃねぇ!』



『金なんて持っててもロクなことがない』



『愛はお金で買えない!』



最もらしい発言をする

 

 

そうすることで

自分が多数派に所属していて

かつ安心感を増すことができるから

 

 

現状で幸福だと思いたいんだ

 

 

 

の発想をしてみよう

 

 

もし、自分や家族にお金がなかったら

『収入が少ない』じゃなくて

『本格的にお金がない』って状況

 

 

どうなるだろうか?



『なんにも買えない。。。』



『満足に生活を送ることもできない。。。』



『金の切れ目が縁の切れ目ってか。。。』



極端な例かもしれないが

世の中はお金が廻っている





物流の約束手形の代わりに

お金が使われている

 

 

つまり

お金がないことには

なにもできないのだ

 

 

 

お金が全てではない

それは確かだ

 

 

しかし

お金がなくては

なにもできないってのも

確かだ

 

 

お金を持っていて訪れる不幸は

往々にして自己の慢心が原因



お金を持っていなくて訪れる不幸は

自己では回避不能なものが原因

 

 

 

お金を持っていない時に訪れる不幸と

お金を持っている時に訪れる不幸とを

同じ立場で思案すること自体が

そもそも違うのである





お金をたくさん持ったところで

幸せではないかもしれない



しかし

お金を持つことで

避けることができる不幸は

数え切れないほどある






世のトラブルの大半は

お金が原因であるのだから

 

 

 

お金を嫌ってはいけない

 

 

 

悪を作り出すものではなく



大きな幸福をもたらすものだから








===============================

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。



そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね




 ▼ ▼ ▼ ▼

http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE

===============================

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP