【短命暴君シャルル9世】

昔々のその昔



ヨーロッパでは3月25日新年としていた



3月25日から4月1日の間中は

新年を祝う春の祭りを開催していたんだ

 

 

 

10歳の若さで即位した

フランスのシャルル9世が14歳の1564年

1月1日を新年とする暦を採用した

 

国民はこれに反発して

『ウソの新年』

として4月1日にバカ騒ぎを始めたんだ

 

 

これに機嫌を悪くして怒った若き王は

『ウソの新年』を祝っていた人々を

全て逮捕し、片っ端から全員

処刑してしまったんだ



中には13歳の少女もいた



フランス国民はこの出来事に

多大なショックを受けた

 

暴君フランス王への抗議と共に

この悪しき事件を忘れないためにと

その後も毎年4月1日は盛大に

『ウソの新年』

を祝うようになったんだ

 

 

 

諸説あるエイプリルフールの

起源の一説

 

 



 

エイプリルフールだからと言って

あまりにも過激なウソをつく人がいるけど

限度ってものがあるよね



楽しいウソだったらいいけど

大抵大きなウソって言うのは

負のウソの場合が多いから

もし誰かを騙そうするんだったら

正のウソにしようね



そもそもが祭り絡みのウソだから

楽しくないと



あまりにも大きな負のウソは

『エイプリルフールでした~』

なんて言っても

騙された側の人は

『あ、そうなんだ~良かった~』

という気持ちには素直になれないから

注意が必要だよ

 

 

特に男女の間は御法度

 

 

 

言わずもがな

 

 

 

 

 

この起源は続きがあって



13歳の少女への哀悼の意を込めて

1564年から13年毎に今度は

『ウソのウソの新年』

を祝うこととして

その日は丸一日ウソをついてはいけない日

としたんだけど、もう忘れられてるね

 

 

ちなみに次は2019年だよ

 

 

このシャルル9世は24歳で亡くなったよ

若いね

 

 

 

今日は小噺

  

 

 

 

ウソが苦手な木原です

 

 

 

じゃね~


===============================

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。



そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね




 ▼ ▼ ▼ ▼

http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE

===============================

これからも読んでみたいと思った人は、ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP