【慣れ】

誰かに何かをやって貰うことあるよね

 

 

普通の神経を持ってる人だったら

自分のために誰かが何かをやってくれるのは

大変ありがたいことなんだけども



回数を重ねていくと

どうにも慣れていってしまうのも

人間の本質でもある

 

 

 

1回目

 『ありがとう』

  って感謝する



2回目

 『また、悪いね』

  って思う



3回目

 『ああ、、、』

  ってなんとも思わなくなる

 

 

 

4回目やらないと

 『? なんでやってくれないの?』

  って脅迫的な思考に変わる

 

 

 

たった数回の出来事なんだけど

繰り返し他人にしてもらうサービスは

回を数えるごとに【当たり前】

勘違いする

 

 

人間の悪しき心の動きだね

 

 

『人に何かをしてもらう』

ってのは、



 どんな時でも



 どんな人でも



 どんな場合でも



 どんな回数でも



いつでも感謝すべきことなんだ

 

 

彼はあなたのために

それを行う必要なんてないんだよ



でもそれをやってくれている

 

 

感謝以外の気持ちが現れること自体が

根本的に違うんだ

 

 

 

何回やってくれていても

サービスに対する感謝を

忘れてはいけない



サービスを当たり前のこととして

受け止めているのは

サービスを受けているあなただけであって

サービスをしている彼は

【当たり前】だなんて思っていない

 

 

相手の感情を把握してこそ

サービスの本質がわかるんだ

 

 

逆の立場にたって物事や感情を

想像し把握することが重要だよ




===============================

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。



そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね




 ▼ ▼ ▼ ▼

http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE

===============================

これからも読んでみたいと思った人は、ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓






  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP