【プラスマイナス】


今現在、
日本の人口はどうなっているのか?
 
 
増えてんのか?
 
減ってんのか?

 
 
実は生活していく上で
この大きな数はあまり必要ではない

現実問題として必要なのは
バランス

視点は色々とあるので
その都度変更されるのがいいんだけど
全部説明してたらキリがないから
今日は簡単なところね
 
 
 
『709人』
 
 
これは1日あたりの人数

人口として減少しているね
 
 
 
『2,136人』

 
 
これも1日あたりの人数

年金受給者が増えているね
 
 
年金受給者が増加しているにも関わらず
総人口が減少しているということは
老齢の人口割合が増加している
ってことは簡単にわかるよね
 
 
【少子高齢化】って言葉を
端的に表しているいい数字だ
 
  
 
日本は世界に名立たる長寿国だ

女性は世界1位で86歳

男性は世界12位で79歳

混合では世界1位で83歳
 
 
つまりどんどん死ななくなってきている
 
 
医療の現場にいると
たまに90歳台の患者や家族が
『それって、死ぬってことですか!』
『死んじゃうんですか!』
『死ねって言ってるんですか!』
みたいなことを凄い剣幕で
捲したてる場面もたまにあるんだけど

。。。

。。。

90歳台だよ?

平均寿命過ぎてんだよ?

普通に寿命だよ

もういいだろ
 
 
何歳まで生きれたら
そのセリフは言わなくなるの?

100歳?
120歳?
150歳?
 
 
そもそも『平均寿命』ってさ
新生児とかで亡くなちゃった人も
入って計算してるから
高齢になっているだけでも
凄いことなんだけどね

わかってるかなー
 
 
 
ま、いいや
 
 
問題は医療がどんどん進化して
どんなに高齢者であっても
患者や家族の意思があれば
治療してしまうってことと
少子化だよね

高齢者の介護や保障などは
もちろん必要だよ
 
 
でもね

必要以上に政治の力が強すぎる
  
 
選挙の時になると
どの政党も
『高齢化社会の保障』
『年金の充実』
とかを全面に押し出しているけど
結局は選挙の票集めでしょ

定年を過ぎた年金受給者の
全体での選挙権の割合は
実に50%を超えているのだから
この票を獲得すれば強いよね
 
 
別にそれが悪いわけじゃないよ

立派な作戦だよ
 
 

でもね
それ以上に『少子化対策』
しないでどうする?
 
 
いいかい?

年金受給者は1日で
2,136人増えているんだよ

でも人口は減っている

タダでさえ年金を支えている世代は
人口割合から見ても少ないのに
更に減少していっている
 
 
1960年では年金受給者1人を支えるのに
現役世代16.5人だったのに対し
2009年の時点では約1/9の1.86人

これがどれほどヤバいことか
ちゃんと分かっているんだろうか?

間接的であっても
現役世代は一人当たり
0.9人の年金受給者の生活も
支えているんだよ

この現役世代をしっかりと
サポートするのがいい政治なんじゃ
ないのか?
 
 
違うのか?
 
 
国からも支えられていない現役世代に
『少子化どうにかしろ!』
『結婚して子ども産め!』
とか、いくら批判しても無理でしょ

金ないもの
 

 

 
働いても働いても
みーんな国や地方に持ってかれちまう
 
 
で、結婚しろだって?
子ども作れって?

どう考えても無理だろ
 
 
 
アホか
 
 
 
政治はね
そろそろ自分たちの政党が
勢力を付けることばかりに
躍起になってないで

やるべきことをしろよ
 
 
若者は選挙に行かないんじゃない
 
 
選挙に行って
どの政党に投票しても
自分たちの生活には
なんの影響もないから
選挙に行かないんだよ
 
 
いい加減
気づけよ
 
 
 
で、更に少子化対策の話に続くんだけど
長くなりすぎたので
また次回にでも
 
 
 
じゃね~


=========================
ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、
書けない話っていうのは
実はいっぱいあります。

そんな話やブログ記事を
メールで配信しますので、
是非このしたから
メルマガ登録してくださいね。


 ▼ ▼ ▼ ▼
http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE
=========================
これからも読んでみたいと思った人は、
ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP