【エビ天そば】



駅前の立ち食いそば屋で

初老の男性が一杯のそばを食べている



ちょうど定年退職を迎えた日だったんだ





食べているのはいつもの

エビの天ぷらが一尾のっかった

一杯500円エビ天そば











男は30年間ずっと

ほぼ毎日この店に通っているけど

一度も店のオヤジと話をしたことはないんだ





『エビ天そば・・・』



と注文するだけ





その注文すらここ数年はしなくても

エビ天そばが出てくる





話す理由なんか特にないけど

定年退職を迎えてこれからは

通わなくなるであろうこの日



男性はふとオヤジに話しかけた





男性

 『オヤジ、

  おれ、今日で定年退職なんだ



オヤジ

 『へぇ・・・

  そうかい・・・』





そう言ったきり

話は途絶えた





それ以上、特に話題があるわけもない





ただ男性は

この店にくるのが最後になると

ちょっと寂しくてオヤジにも

分かって欲しかったのかもしれない



すると突然

男性のどんぶりの上に

エビの天ぷらが

もう一尾のせられた





男性

 『オヤジ・・・

  いいのか?』



オヤジ

 『なぁ~に

  いいってことよ

  気にすんなって



男性は頬を濡らしながら

エビ天が増えたそばをたいらげた





寂しく定年退職を迎えた男性には

オヤジのエビ天ひとつが

とても暖かいモノに感じて

涙が止まらなくなったんだ





こんな優しさに触れ

男性は退職してからも

この店には通おうと心に決めた





財布から500円玉一枚を取り出し





男性

 『オヤジ、お勘定』





オヤジ

 『あいよ

  800円!









男性

 『・・・』














===============================

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。



そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね




 ▼ ▼ ▼ ▼

http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE

===============================

これからも読んでみたいと思った人は、ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓







  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP