とりあえずマクドナルドでも行っとく?

とあるランチタイム。



さあ、どこのお店に食べに行く?





なかなかいいアイデアが出ない時に

 『マクドナルドに行こうよ!』

と提案すると、満場一致

 『マクドナルドはやめとこうよ』

と返答されて、なぜか不思議と

よりよいアイデアがどんどん出てくる。





これがJon Bellさんって人が提唱した



 【マクドナルド理論】









 『実行可能なアイデアのうち、最低のものを提案』

することによって、みなが

 『それはないだろ~、だったら・・・』

みたいな感じでディスカッションが始まり、

人々が急に創造的になってくる。





なにも反応しないと最低のアイデアが採用されてしまうため

それを阻止しようと必死によいアイデアを出そうとする。





どんなことでも創造する作業というのは

 『いつでも初めの一歩より、二歩目の方が遥かに簡単』

ということです。





みなが頭の中で考えているだけでは

いつまでたっても物事は進みません。



まず初めに簡単に第一の障壁を取り除いてあげると

次から次へと続いていくのです。





その障壁を破るのはどんなことでもいい。





出来れば、今考えられる最低・最悪の項目

持ち出して障壁を破るのが望ましい。





障壁があまりにも低いと

 『それだけは絶対に嫌だ』

と、より必死に創造して対抗したくなるからです。







これは、どんな場面においても使える。



ランチタイムで食事を決めるにしても、

ビジネスで新しい商品開発をするにしても、

合コンで相手を探しているときでも、

飲み会の幹事を任されて会場を探しているときでも、

受験生が志望校を決める時でも、

・・・



挙げだせばキリがないけど、

本当にどんな場面でも使える理論です。





アイデアがまとまらない時には、

ぜひ思い出して使ってみてください。



 【マクドナルド理論】









さ、一緒にマクドナルドでも行く?











————————————————–





あるところにパソコンおたくの少年がいました。



彼は高校を卒業すると陸上自衛隊に入りました。

貧弱だった彼は自衛隊では

いつもいじめられていました。



2年間で退役したあと、内装屋さんに就職。

数人の親方にいびられながら頑張り、

ついには独立しました。



しかし、なかなかうまくお客がとれません。





そんな彼が、あんなことやこんなことをやって、

なぜか1,000人を集めてのセミナー

次いで日比谷で2,000人のセミナー

そしてついに2013年の2月には





東京ビッグサイトで、なんと



『6,000人セミナー』



を実現させました。







超凡人の彼が、なぜ天才のようにできたのか?

その謎を知りたい方は是非

2013年9月15日を開けておいてください!



3,000人限定でセミナーが開かれます。





6,000人集めた彼が、今度は3,000人ですよ?

半分です半分、1/2





この重要性が解った方は、

ここからその概要を覗いてみてください。



凡人であっても、天才であっても、

何もしなければ、何も変わりません。





あなたにとって、これはチャンスです!



     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




http://123direct.info/tracking/af/837930/kDRDVDRR/

===================================

期間限定で【血液透析データ解析】を募集しています。

興味のある方はこちら

【血液透析データ解析】

===================================

 

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。

そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

*メールアドレス
*名前
*性別




===================================

これからも読んでみたいと思った人は、

ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓







  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP