【あんたの意見、間違ってるよ!】


自分の考えとは
必ず偏っているモノで、
それがいいとか悪いとかではない。

あなたの意見がAで
私の意見がBだとして
そのどちらの意見にも
賛同してくれる人が必ずいる。
 
 
もし、私やあなたが
世間から真向に非難される
気が狂った人間であっても、
先入観さえなければ
その意見に賛同する人は
必ずいるのだ。

それはみんなが人間であり
様々な道徳感をもって生きていて、
誰もが正解ではないし
誰もが不正解でもないからだ。
 
 
だから、
誰かの意見を頭ごなしに非難することは
バカげているどころか
人間そのものを否定することになっている。

どんな意見があってもいいし、
どんな対抗意見があってもいい。
 

 

 
 
今、
あなたに植え付けられている
道徳概念や倫理観は、
あなたがこの世に生まれてきてから
今に至るまでの成長過程で
洗脳されてきた集大成なのだよ。
 
 
 幼稚園から始まり

 小学校

 中学校

 高等学校

 専門学校

 大学

 大学院

 職場

いろんな場に身を置いてきたのだろうけど、
その場、その場で関わったすべての人々の
考えや道徳感が融合し、選別されたのが
今のあなたの道徳感なのだよ。
 
 
考えてみて。
 
 
もし、
 生まれた場所が違ったら?

 幼馴染が違う子だったら?

 幼稚園が違ったら?

 小学校が違ったら?

 塾が違ったら?

 中学校が違ったら?

 部活が違ったら?

 初恋の人が違ったら?

 高等学校が違ったら?

 遊ぶ友達が違ったら?

 予備校が違ったら?

 アルバイト先が違ったら?

どれか一つでも違えば、
今のあなたの思考や道徳観、倫理観は
少なからず違っているはずだ。

違いが大きいか小さいかだけの問題で
【違う】ってことには変わりない。

だから、あなたの今の意見というのは
今のあなたには正解だけど、
全世界で通用する正解ではないんだよ。
 
 
もちろん、至上に正解のこともあるよ。
でも、全てではないんだ。
 
 
逆もまたしかり。

あなたと対立する人の意見だって同じだ。
 
 
正解かもしれないし
不正解かもしれない。

それは、受け取る人によって変わるからね。
 
 
だから、
【絶対に間違ってる】
【絶対にあってる】
って意見自体が
とても危険なんだよ。
 
 
『一般的に常識でしょ?』
っていう事柄ってたくさんあるけど、
じゃあその【常識】ってのは
どこから来た?

 みんながそういうから?

 親がそういうから?

 先生がそういっていたから?

結局のところ、
根拠がはっきりしないんだよ。
 
 
いろんな道徳観、倫理観、正義感があるけど
置かれている環境、立場、人間関係、人種
などなどによって
これらはまったく異なってしまうために
どれもが正解だし、どれもが不正解。

受け取るあなたによって
全ては善にも悪にもなるんだ。
 
 
でも、この善にも悪にもなる
受け止め方をしている限りは
偏った思考回路から抜け出すことは
到底できない。
 
 
では、どうすればいいのか?
 
 
答えは実は簡単。
 
 
それは
【全ての意見を受け入れること】
 
 
 
どうだろうか?
できそうだろうか?

誰かの言葉をまず
なんの先入観も持たずに聞き
正面から受け止める受け入れる。

この時点で相手の言葉に
【善】とか【悪】とかで
区分けしてはいけない。

ただただ正面から受け止め
受け入れるだけ。

そうした後に、自分の中で噛み砕く。

内容をよく吟味して理解しながらね。

たったこれだけ。
 
 
?って人もいるだろう。
 
 
ここまでできれば
『ああ、このひとはこういう意見なんだ』
と理解し、納得することができる。

疑問に思ったらまずは実践してみることだ。


=========================
ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、
書けない話っていうのは
実はいっぱいあります。

そんな話やブログ記事を
メールで配信しますので、
是非このしたから
メルマガ登録してくださいね。


 ▼ ▼ ▼ ▼
http://k0uu.biz/fr/1111/39CVyE
=========================
これからも読んでみたいと思った人は、
ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP