ロールスロイス


世界一の技術を誇る
ロールスロイスの技術者は、
旅客機や戦闘機の風防に向かって
死んだ鶏を高速で発射する
特殊装置を製作に成功した。
しばしば発生する鳥の衝突事故を模して、
風防の強度試験をするために。

この発射装置のことを耳にした
アメリカの技術者たちは、
是非それを使って最近開発した
高速列車の破片飛散防止フロントガラス
試験してみたいと考えた。

両者の話し合いがまとまり、
装置がアメリカへ送られてきた。

アメリカの技術者たちは早速実験をした。

発射筒から鶏が撃ちだされ、
破片飛散防止のフロントガラスを
粉々に打ち破り、制御盤を突き抜け、
後ろで見守っていた技術者がすわる椅子の
背もたれを二つにぶち割り、
更に後部の仕切り壁に突き刺さった。

この光景に技術者たちは慄然とした。


悲惨な結果に驚いたアメリカの技術者たちは、
その実験結果を示す写真とともに
フロントガラスの設計図を添えて
ロールスロイス社へ送り、
イギリスの科学者たちに詳しい意見を求めた

ロールスロイスからの返事はたった一行。






『チキンを解凍してください。』




—————————————–

物事にはやり方というモノがある。

それを無視しても遠回りするだけ。

予想だけで動いてはいけない。

まず観察。

理解。

それでも解らなければ、知っている人に聞く。

【聞くは一瞬の恥、
 聞かぬは一生の恥】

 

 











————————————————–





あるところにパソコンおたくの少年がいました。



彼は高校を卒業すると陸上自衛隊に入りました。

貧弱だった彼は自衛隊では

いつもいじめられていました。



2年間で退役したあと、内装屋さんに就職。

数人の親方にいびられながら頑張り、

ついには独立しました。



しかし、なかなかうまくお客がとれません。





そんな彼が、あんなことやこんなことをやって、

なぜか1,000人を集めてのセミナー

次いで日比谷で2,000人のセミナー

そしてついに2013年の2月には





東京ビッグサイトで、なんと



『6,000人セミナー』



を実現させました。







超凡人の彼が、なぜ天才のようにできたのか?

その謎を知りたい方は是非

2013年9月15日を開けておいてください!



3,000人限定でセミナーが開かれます。





6,000人集めた彼が、今度は3,000人ですよ?

半分です半分、1/2





この重要性が解った方は、

ここからその概要を覗いてみてください。



凡人であっても、天才であっても、

何もしなければ、何も変わりません。





あなたにとって、これはチャンスです!



     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




http://123direct.info/tracking/af/837930/kDRDVDRR/

===================================

期間限定で【血液透析データ解析】を募集しています。

興味のある方はこちら

【血液透析データ解析】

===================================

 

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。

そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

*メールアドレス
*名前
*性別




===================================

これからも読んでみたいと思った人は、

ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓







  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP