とある工場での話


箱にチューブが入らず


空っぽの箱ができてしまうのは


生産ラインに問題があって、


いくらタイミングなどを調整しても

100%箱に入るように

デザインするのは困難でした。



工場にいるエンジニアは手いっぱいだったので、

会社のCEO(最高経営責任者)は経営陣を集め

外部からエンジニアを雇って

新しいプロジェクトを立ち上げることにしました。



通常行なわれるように予算と計画を組み、

6ヶ月の期間と800万ドル(約5億円)をかけて

質の高いプロジェクトが実施されました。



プロジェクトでは空っぽの箱ができるたびに

重量不足を検知してベルが鳴り、

光で知らせるシステムが構築されました。



そのたびに生産ラインを一旦ストップさせ、

人の手でその空箱は捨てられます。

その後、ボタンを押して

再びラインが動き出します。





プロジェクトが進行して

問題が解決するようになってから、

しばらくたったある日のこと。





CEOがその後のプロジェクトの様子を

確認しにきました。



客からのクレームは減って市場での売上は伸び、

使った金額分(約5億円)の成果が

出ていると満足していました。



実際にどれくらいの空箱が出ているかを

示す表を調べてみたところ、

3週間にたったの一つもないことが分かりました。



これはさすがに報告書に間違いがあるのではないかと

エンジニアたちに尋ねてみても、

それが正しい報告だとの答えでした。



実際にベルトコンベアに載っているもので、

空の箱はないと言うのです。





そんなはずはないと疑問を抱いたCEOは

工場まで足を運び、

ラインの現場を自分の目で

確認することにしました。





すると検知する場所の1.2メートル手前に

20ドル(約1500円)ほどの扇風機が置かれており、

空の箱を吹き飛ばしては

ゴミ箱に入れていたのです。





どういうことか説明を求めると、

作業員の一人が答えました。







「ああ、それはベルが鳴るたびに

 いちいち来るのが面倒だったので、

 そこに置いたんですよ」



・・・



・・・



・・・







アイデアはどこにでも転がっている。

難しく考えると、物事の本質を見失いますね。



===================================



期間限定で【血液透析データ解析】を募集しています。

興味のある方はこちら



 ⇒【血液透析データ解析】



===================================



ブログは広く世界に開けている媒体です。



ですので、ここでは言えない話、

書けない話っていうのは実はいっぱいあります。



そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、

是非このしたからメルマガ登録してくださいね。



▼ ▼ ▼ ▼ ▼

*メールアドレス
*名前
*性別

===================================

これからも読んでみたいと思った人は、

ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓











  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP