血液透析の統計学

先日の記事で血液透析に触れたので、

もう少し深い話を。







現在、日本全国で約30万人の人々が透析療法を受けています。



透析療法は【血液透析】【腹膜透析】とに分かれます。



  あ、移植の話はここでは出ませんのであしからず。

   (※ 以前に透析の話って書いたのに

      『【移植】を入れないなんて!』

      とひどく絡まれたことがありますので)





年間で約3万人の人々が透析療法を始めて、

約2万人の人々が亡くなっていっているので

純増約1万人となります。



2011年現在の日本の総人口が約1億2782万人ですので、

だいたい425人に一人が透析患者ということになります。



425人に一人ですよ、結構すごい割合じゃないですか?



確率で言えば、0.23%ですよ。



こんなに多くの患者がいるってこと自体、知りませんよね。



ものすごく多いんです。





医学会は特に学会という名の組織が大好きで、

何かにつけては新しい【○○学会】などという

組織が立ち上がります。



それぞれの学会では、年に数回の地方会やら

年一回の総会・学術大会やらがあって、

全ての学会を統合すると一年を通じてほぼ毎日

日本のどこかで地方会やら総会やらが行われています。



医学界に関係のないひとがその予定表を見たとしたら、

きっとあまりの多さにひいてしまいます



それくらい多いんです。





あ、話が脱線しましたが、

透析療法も例外がなく関連学会がいっぱいあります。



そして、毎年毎年各施設にアンケートを配って

さまざまなデータを収集し、統計を取っています。



その結果は年に一度公表されていますし、

学会のホームページから閲覧することも可能です。



 ⇒ http://www.jsdt.or.jp/overview_confirm.html





毎年この統計データが更新されるので、

医療者側は、これをしっかりと解析し自身の関わる施設の患者に

フィードバックしなければなりませんよね。





では、どこの施設でもしっかりと

フィードバックされていると思いますか?



答えは【NO】です!





逆を言えば、フィードバックされている施設は

ものすごく少ないです。





あなたの通っている透析施設は、

しっかりとフィードバックされていますか?





きっと【NO】だと思います。



なぜなら、データやパラメータが膨大すぎて

あなたの解析を行うこと自体がかなりの手間がかかりますし、

その解析結果からあなたの治療へフィードバックさせるとなると

またそこから更なる解読が必要となります。



大変な労力なんです。





『治療受けてるんだら、それくらいやってくれよ!』



と聞こえてきますが、そんなことやりません





だって、そこまでやる必要はないし、

やってもやらなくても給料は一緒



解析してフィードバックしたところで

我々の単なるボランティアなのですから。



ボランティアで患者にアドバイスしても



『なんだよそれ、めんどくせー。うるせーなー』



などと言われたら、もうやる気なんて起きませんよね。





と、こんなことを書くと怒ってしまう人もいるかと思いますが、

ちょっと待ってください。





透析療法に限りませんが、医療はきちんと国から



『その患者にあった治療を行うこと』



と明記されています。





ですので、あくまでも患者にとって当たり前の治療

をしていれば問題ないということです。



透析であれば透析前と後で採血をして血液検査を出しますが、

その結果が問題なければ

その治療はよしということになりますよね。



この検査結果から透析治療自体を解析して

あなたの透析治療自体が適切に行われているかどうか

ということとはちょっと違うのです。





私はこの解析を行っています。



そして、その解析から透析治療にフィードバックさせ、

治療法の変更などを提案して

検査結果とともに解析結果までをも適切となるまで

分析能力を昇華させています。





残念ながら、あなたは私の関連する施設では

治療を行っていませんので

この解析を受けることはできません。





もちろん、あなたの通う施設でしっかりと

解析してくれる方がいるのであれば問題はありません。



そうでなければ、治療自体がしっかりと行われているか

行われていないのかを知る術はありませんよね。





そこで、今回WEBを介して解析するサービス

始めようと考えています。



解析自体はとても時間と手間がかかる作業ですので、

有料で行おうと思っています。





しかし、WEBを介しての解析は私自身も未経験のことですので、

3名先着無料体験をお受けしようと思います。



もちろん患者情報・個人情報を大いにはらむものですので、

情報管理はしっかりとさせて頂きます。



無料ですので、簡単な条件をつけさせて頂きます。



 ・こちらが必要となるデータを頂ける方。

 ・解析結果をみてどう感じたかの感想

 ・このサービスに対する評価



この3点を了承して頂ける方のみとさせて頂きます。



応募締め切りは5月1日の23:59までで、

全員審査させて頂きますが、良い方がいれば

順次決めていきますので、ほぼ先着順のような感じになります。





では、下記のメルマガ登録していただくと折り返しメールが届きますので、

質問内容にお答えいただきまして応募とさせて頂きます。





あなたの大切な方が透析治療を受けているのであれば、

この機会にぜひお試し頂くことをオススメします。





よろしくお願い致します。


メールアドレス(必須)
名前(必須)

ブログは広く世界に開けている媒体です。

ですので、ここでは言えない話、
書けない話っていうのは実はいっぱいあります。

そんな話やブログ記事をメールで配信しますので、
是非このしたからメルマガ登録してくださいね。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼

*メールアドレス
*名前
*性別









これからも読んでみたいと思った人は、

ぜひ応援クリックをお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓










  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP