こんなコトもできないの?

4月になって、もう19日目ですね。



単純に3週間が経過しました。





会社では新人さんは、ようやく現場に慣れてきたころでしょう。







同時に、新人を教育している先輩方は、

だんだんと新人の性格や能力がどれほどのものか

大体把握できたことでしょう。







ここで、諸先輩方に!







『え?こんなことも知らないの?』



『お前、学校でなに勉強してきたの?』







これ、新人言っちゃダメです。



言ってもなんにも意味ないですから。







意味ないどころか、新人の不安感、猜疑心、

反抗心を煽るだけです。







人間はとかく批判したがります。



【人の不幸は蜜の味】



とはよく言ったもので、

自分をより良く、より強くみせたい生き物なのです。







本能で自分が周りより優位に立ちたい生き物なのです。





自分が優位に立つにはどうすればいいのか?





努力して、優れた人間になればなんの問題もなく優位に立てます。





では簡単に優位に立つには?



そう、これを読んでいるあなたはもう気づきましたね。



だれかを下に蹴落とせばいいのです。





簡単ですよね、蹴落とすことって。



強い言葉ひとつで、簡単に人を蹴落とすことができます。





自分が努力するよりも何百倍も何万倍も簡単です。







でも考えてみてください。





あなたの今の仕事はなんですか?



・ 後輩とよい関係を築く。

・ 後輩が仕事ができるように育てる。

・ 職場環境に後輩を馴染ませる。



このようなことではありませんか?





もし、これらに当てはまらないのであれば、

どうぞ人を蹴落とし続けてください。





当てはまるあなた。



後輩を蹴落としている場合ではないのです。





あなたが今やるべきことのどれにも

【蹴落とすこと】は含まれていません。





後輩は、4月1日から入社してきました。



働き始めてまだ一ヶ月も経っていません。





それを5年くらい働いている中堅どころと

比較する自体が間違えですよね。





あなたは自分の上司から

『おい、新人のあいつ、まだこんなこともできないのか?』

などと言われていますよね。





大丈夫





できなくて当たり前です。



この時期でできていたのであれば、

そもそもあなたの教育は必要ありませんよね。





新人はできていなくて当たり前なのです。







しっかりと見守って、良い関係を形成し、

素晴らしい後輩を育ててください。





















これからも読んでみたいと思った人は、

ぜひ応援クリックをお願いします。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓









  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP